ニュース

カテゴリー

投稿者一覧

最新の記事

アーカイブ

おそらく世界初!? 8Kで"番組収録"してみました。

2016.01.19 制作技術

1月9日(土)後楽園ホール。
日本テレビの超人気番組「笑点」の収録日。
でもこの日の後楽園ホールは、いつもとちょっと違う雰囲気に包まれていました。

ムムっ、カメラ台数が3台多い!それも妙に武骨でデカい!

やたらと人が多い!それもどう見ても現場技術者ではない、キレイだし偉そうだ。

1.jpg 2.jpg


そう、この日は日テレ初、そして地上波レギュラーの"番組収録"という点では

日本初!であり、おそらく世界初!!の 「笑点8Kスペシャル」の収録が行われたのでした。

そもそも8Kとは...?

解像度 横7,680×横4,320、1秒間60コマ以上の情報量をもつ映像フォーマット。
図のように、今の地上波HD放送の16倍高画質な次世代放送規格のことです。

3.jpg 4.jpg

なんで「笑点」なの...?

「笑点」は今年で50周年!その記念という意味からも、
最新技術での番組創りに挑戦していただけることとなりました。
地上波では放送されない 8Kオリジナル番組。
「歌丸師匠・落語」「8K記念大喜利」の二本立てです。

実は「笑点」、多くの番組が白黒放送であった時代にカラー放送で始まり、
日本テレビで初期にステレオ放送を採用し、
デジタルVTRでの収録にも初期に挑戦していたとのこと。
「笑点」と最新技術8Kの出会いは、もしかすると"必然"だったのかも知れません。

さて、8K用に調達されたカメラは3台。収録機も3台。
いずれも次世代放送推進フォーラム(以下、NexTV-F)所有のものです。
 そもそもこの企画は、NexTV-Fの8Kコンテンツ募集に日本テレビが応募し、
 採択されたもの。なので、これらの機材は無償で使うことができるのです。

5.jpg 6.jpg
7.jpg 8.jpg

3台の内訳は、池上通信機SHV-8000が2台+ソニーF65が1台。
それぞれ、パナソニックAJ-Z03002台、ソニーSR-R4 1台の収録機に対応しています。

5tトラック(OB-X中継車の支援車)の中に8K収録基地を組み上げ、
そこでディレクティング、カメラ調整のほか、
普段HD撮影では行わない遠隔フォーカス
確認を行いました。

9.jpg 10.jpg
11.jpg 12.jpg

世の中にはまだ8Kモニターはほとんど存在しないため、
画のチェックは4Kモニター
で運用。
想定はしていましたが、やはりフォーカスが"超"シビアなのと、
8K専用
ズームレンズがあまり寄り引きできないため、カメラワークにはかなり苦労しました。

また、パナソニックのレコーダーは写真のように非常に大型で、
収録メディアは
P2カードという名刺大のものが、カメラ一台につきなんと17枚!

13.jpg

ファイルサイズも1時間で1TBとこれまた大きく、
ポスプロ作業には膨大な時間と
手間がかかることになります。

音声は5.1chサラウンドにする為、
マイク位置や本数・種類などの綿密なテスト収録を事前に行い、
MAでのシミュレーションを経て本番に臨みました。
スポーツ番組では数多くの実績がありますが、
今回のような"小屋もの"ではこれも
初挑戦。
MA作業にて臨場感のある音を目指しています。

14.jpg 15.jpg

とまあ、このような撮影・収録での苦労と引き換えに...
もの凄く高精細な映像が得られました。
なんと歌丸師匠の目に映る照明の一つ一つまで
わかるほど。
8Kの実力を思い知らされました。
このあと、またまた未知の世界である8K編集作業に入り、完成は3月初頭の予定です。

16.jpg

見たい、が世界を変えていく。
NiTRoはこれからも、さまざまな技術にチャレンジしていきます。