ニュース

カテゴリー

投稿者一覧

最新の記事

アーカイブ

ラジオ日本の箱根駅伝

2016.01.22 放送技術・写真技術

アール・エフ・ラジオ日本では、
1995年から箱根駅伝の実況生中継を行ってきました。
完全中継になってから概ね20年という歴史が有ります。

東京・麻布台のラジオ日本・東京支社内の大会議室に
放送センターを作り、スタート・ゴール・各中継所からの
(独自)レポートを交えて放送しています。

    

今年も"その時"がやってきました。

NiTRoスタッフ10名は総出でこの大会に臨み、
センターや中継所に散りました。

今回は、テレビ局とはひと味違った各所の仕事を紹介します。

     

【ラジオ日本社内・放送センター】

1.jpg 2.jpg

普段は会議に使っている部屋が、放送センターに早替わりします。

放送センターには、実況アナ・解説・ゲスト・情報アナ・
プロデューサー・ディレクター・AD・技術者etcが同じ部屋にいて、
コミュニケーションを取りながら長丁場の放送をしています。


もっとも、あまり大きな声で指示をしたりすると、
実況のマイクが拾ってしまいますから、
ほどほどの声とジェスチャーを交えながらコミュニケーションを取ります。
長年やっていますから"あ・うんの呼吸"が身についています。


3.jpg 4.jpg

センターでは2名のミキサーが、それぞれ"各中継所を上げ下げする音声卓"と
"最終MIXを行なう音声卓"を担当しています。

     

     

【マスター】

マスターでは、各中継所をCODECで結び、
中継所からの信号を放送センターに送り、
センターから戻ってきた完成音声を送出する2つの役割を同時に行います。
もちろん、本来の業務であるCM出しやニュース・交通情報の挿入、
ネット送りも行なっています。

     

【大手町・スタート/ゴール】

大手町では、スタートとゴールで中継する場所が違います。


5.jpg 6.jpg

スタートでは、"モバイルスタジオ"という車を2台使いました。

スタート地点の真正面に陣取り、
アナウンサーは車の上に立って実況します(寒っ)。
また、朝の監督インタビュー録音や直前の選手のレポートも適宜挿入して、
車内でMIXして放送センターに伝送します。

7.jpg 8.jpg

ゴールの時は、読売新聞社の向いにあるビルの2階の会議室をお借りして、
臨時放送席と機材を設置しました。

9.jpg 10.jpg

ゴール地点を俯瞰できる好立地。
目の前を選手が通過してゴールする姿を余すところなく伝えます。

ゴール後の監督や選手のインタビューは録音して放送席から再生しました。

・臨時回線2回線使用。本線:ステレオ、予備:モノラル
     

11.jpg

      

【鶴見中継所】

機材は車内に設置し、実況は、
国道1号と側道の間にある分離帯の中から"立ちレポ"です。

12.jpg 13.jpg

・臨時回線1回線使用。モノラル。


     

【戸塚中継所】

マンション前の空き地を拝借し、イントレを設置。
イントレ上から実況し、その下でMIXと伝送を行いました。

14.jpg

・臨時回線1回線使用。モノラル。

     

【平塚中継所】

吹きさらしの空き地にイントレを設置しましたが、
視界があまりよくありませんでした。
しかも海風が強いと人も機材も砂まみれになるという、
悪条件のなかでの作業となりました。

15.jpg 16.jpg

さらにAC電源が取れないため、機材をバッテリー
(カーバッテリーや電池など)で駆動させたのですが、
こういうときに怖いのが本番中の"電源落ち"。
ホッカイロで温める、直射日光のあたる場所に機材を置く、
などの原始的方法でなんとか乗り切りました。

17.jpg 18.jpg

・臨時回線1回線使用。モノラル。

     

【小田原中継所】

中継所付近の車の上から実況し、車内でMIX・伝送を行いました。

19.jpg 20.jpg 21.jpg

・臨時回線1回線使用。モノラル。

     

【小涌園】

本番では技術スタッフは同行せず、
アナウンサーとディレクターでレポート音声をセンターに伝送しました。

・臨時回線1回線使用。モノラル。

     

【芦ノ湖・ゴール/スタート】

ゴール前の交差点角の管理地をすべてお借りして、
イントレと車を設置しました。
ゴール時は選手が最後に右折し、スタート時は最初に左折する"一等地"です。

22.jpg 23.jpg

アナウンサーはイントレ上から実況し、
レポーターは車横のマイクからレポートを入れます。

車内にミキサーと伝送システムを設置しました。


24.jpg 25.jpg

あの最後の短い直線にノイズマイクを3本設置し、
ゴール/スタートの迫力を出しました。

    

放送終了後は、取材してきた各大学の
監督のインタビュー素材をセンターに伝送しました。

    

芦ノ湖は毎年寒さと霜との闘いです。
いくら平地が温かくても油断はできません。
マイナス気温のなか、機材トラブルが起きないよう、
細心の注意を払いながらの作業となりました。

・臨時回線1回線使用。ステレオ。

    

   

【あとがき】

いかがでしたか。
TVの中継とはまた違ったラジオの"手作り感"を
味わっていただけましたでしょうか。

26.jpg 27.jpg

お正月の風物詩となっている箱根駅伝。

沿道でラジオを片手に応援している人、運転中の人など、映
像を見られない所で聞いている人に向け、細
かな情報や臨場感を感じてもらえるよう、
また選手たちの頑張りを音だけを通じて伝えられるよう、
各スタッフは努力しています。

     

2016年の箱根駅伝は無事終了しました。

でも、ラジオ日本のあちこちから、
技術スタッフも制作スタッフもアナウンサーも
「もう少しああすれば良かった」
「次はこうしよう、そしたらもっと良くなる!」
という声が聞こえてきます。

選手たちと同じく、もう2017年の箱根駅伝は
スタートしているのかもしれません。
    

20160122151251.jpg 筆者(芦ノ湖担当)